「新老人の会」 はりま支部のホームページへようこそ!!

 「新老人の会」はりま支部 講演会を下記の通り開催致します。

「肩の凝らない医療の話

       ―超高齢社会を迎えてー」
 講師 兵庫県立姫路循環器病センター  院長 向原 伸彦 氏
 日時 平成28年10月27日(木) 10時〜11時30分
 場所 イーグレひめじ地下1階アートホール


 


 更新情報

New2016. 09. 15
トピックス
      平成28年 9月 14日
      
「散策サークル・おしゃべりとグルメの会・健康体操を楽しむ会」
        合同で淡路島観光と洲本「民宿はぎわら」でのお食事会を開催

New2016. 09. 12
支部の活動
      平成28年  9月 12日 はりま支部 新入会員と世話人 茶話会開
New2016. 08. 10
トピックス
         平成28年  8月   8日 「DVDオペラ鑑賞会」開催
New2016. 08. 08
トピックス
      平成28年  8月  5日「散策サークル」と
                              「おしゃべりとグルメの会」
開催

New2016. 06. 21
トピックス
      平成28年 6月 9日 おしゃべりとグルメの会開催
                

 私たちの新しい生き方
                

  私が最近思うことの一つに内省(リトリート)することの大切さがあります。例えば、私たちが何か取り棍まなければならないような重要な問題や事柄に接するに当たって、第一にしなくてはならないことは、いったん立ち止まって、自分の足元をしっかり見つめることです。足元がぐらぐらしていては、飛び込み台を蹴ってプールにうまく飛び込むことはできません。

そして考えていただきたいのは、自分の将来のために有利だからというような私利私欲のために物事を判断していないかということです。自分のこれから取り組んでいく内容は、社会や人のためによいからだという前提がはっきりしていなくてはなりません。自分のやろうとしている内容や行動が自己中心的である場合、周りの人たちへの説得力も弱くなり、それは決して成功することはありません。

本当によい仕事かどうかと自分の心の中で内省してみることが非常に重要なことなのです。

川の流れのままに身を委ねるのではなく、淀みに入るか、あるいは岸辺に立って川の流れを眺めてみること、時にはこのリトリートの時間をもつことが人生にとっても大切なことなのです。
                      新老人の会」会長 日野原重明

 あいさつ

 日野原重明会長のフェースブック命歴(よめいこよみ)より

『健康は行動の結果、実践のなかにあり』

『今日精いっぱい生きることが原則』

『耐えて待つ、そこに希望が生まれる』

『生きている与えられた時間に感謝する』
日野原先生をモデルとして、はりま支部のそれぞれの活動に積極的に参加していただき、会員相互の交わりを深め心身共に健康で明るく生き、社会と人様のお役に立ち思いやりと感謝の心で日々行動致しましょう。     

                          はりま支部 世話人代表 田口利秋                           

 5つの目標

 
 「新老人の会」は、日野原重明会長(聖路加国際メディカルセンター理事長)が提唱する新しい老人の生き方を追求する集まりです。

5つの目標を掲げて活動を進めています。

    @ 自立・・・・・・・・・よき生活習慣やわが国のよき文化を継承

    A 世界平和・・・・・戦争体験を生かし、世界平和の実現

    B 自分を研究・・・自分の健康情報を研究に提供

    C 会員の交流・・・いろんなサークル活動で交流を図る

    D 自然に感謝・・・自然への感謝とよき生き方の普及

  

    本会について詳しく知りたい方は本部のウェブをご覧ください。
    このホームページでは「新老人の会」 はりま支部の活動を紹介します。




   
inserted by FC2 system